多様なカプセルと葉
公開履歴
葉の上にあるカプセルと瓶

避妊薬とは、いわゆる性交を行なった場合でも赤ちゃんが出来ないようにするための薬です。
このような説明だけを聞くと抵抗を感じる人がいるかもしれませんが、望まれない妊娠や中絶を避けるための手段として、こういった薬を飲むことは有効な方法だとも言えるでしょう。
また、避妊薬と言っても様々な種類のものがあります。

例えば、よく知られているものは低用量ピルというものです。
これは黄体ホルモンと卵胞ホルモンの二種類のホルモンが含まれている混合ホルモン剤とも呼ばれている種類の避妊薬です。
低用量ピルはホルモン量を調節し排卵を抑えることで妊娠を防ぐ効果があります。
また、子宮頚管の粘液を変化させることで精子の侵入を拒んだりすることも出来ます。
ほかにも、子宮の中を変化させることで、受精卵を着床しにくくしたり、といった効果もあるのが特徴だと言えます。

月経不順の人が低用量ピルを飲んで正常な月経を促すこともあります。
また、月経前症候群を和らげてくれたり、月経痛を楽にする、または血の量を少なくするといった効果も見られます。
よく低用量ピルには副作用があると思われがちですが、近年ではほとんど副作用が現れないように改善されています。
その中でも、トリキュラーという低用量ピルは高い避妊率と副作用の少なさで人気があります。
飲み忘れがない限り、避妊率は100%となっており、多くの産婦人科でも処方されている低用量ピルです。
もちろん、月経前症候群や月経痛の緩和にも役立つので、飲んで損はないと言えます。
また、ピルのほとんどは性交の前や毎日飲むことが前提だという認識が多いですが、アフターピルと呼ばれる性交後に飲んで避妊するための薬もあります。
そのため、万が一のためにもアフターピルを常備しておくのも良いでしょう。

トリキュラーを始めとした低用量ピルは薬なので、場合によっては副作用が生じたり、服用を禁止されていたり、避けた方が良い人もいます。
初めて低用量ピルを手に入れる際には、信頼できる医師に診てもらうことが大切です。
薬の処方だけであれば保険が適用しないこともありますが、検査などは保険が利く場合もあります。
身体を見てもらい、自分に合った薬を知ったり、探すためには出来るだけ専門家の意見を聞くようにしましょう。
また、処方された薬の決まりや用法、用量をきちんと守った上で薬を飲むことが、ピルを含めた避妊薬を利用する上で最も重要なことだと言えます。

すでに低用量ピルを処方されていて、継続して使っている場合は、病院へ行くことが億劫になっているかもしれません。
大体の病院ではトリキュラーが処方されるのですが、トリキュラーは21錠タイプで7日間休薬が必要なので、28日後にはまた新しいトリキュラーを用意して服用する必要があります。
これが途切れてしまうと、避妊効果が得られなくなってしまうので、トリキュラーを切らさないように管理し、病院へ行かなければなりません。
しかし、毎回病院へ行くのが大変な場合は、通販を使えばトリキュラーが簡単に手に入るので、そちらを利用してみましょう。

記事一覧
避妊薬の種類とその効果について

避妊薬としてピルがありますが、ピルは主に低用量ピルのことを指します。ピルは黄体ホルモンと卵黄ホルモン

2019年08月18日
避妊薬を購入するときは価格を比較してから

それぞれの事情により、妊娠を望んでいない女性にとっては避妊薬はなくてはならないものですが、病院で医師

2019年10月04日
経口避妊薬の副作用とその対処法

一般には「ピル」と呼ばれている経口避妊薬は、女性の主体的な選択で避妊をすることができ、しかも月経前症

2019年09月04日
避妊薬をつかった避妊の仕組みを理解しよう

避妊薬を使用するにあたっては、薬を服用することでどのような仕組みで避妊ができるのかを知ることはとても

2019年08月01日